イメージ画像

薬剤師の転職について ~近年の状況~

残業や転勤が無い上に収入が高く、もともとイメージの良い薬剤師のお仕事ですが、薬剤師への転職を望む方は最近さらに増加しています。

薬科大学や薬学部が4年制から6年生へ移行たため、新卒の就活生がでない2年間を狙った転職希望者が増加した事や、日本の高齢化によって薬のニーズが高まった事、またドラッグストアなどで医薬品を取り扱う事が出来る人材のニーズが出てきた事などが理由として考えられます。

また、もともと高収入のイメージが強い職種ですので近年の不景気で生活の安定を求める方による転職希望もますます増えました。 雇い入れたい需要側と、転職をかなえたい供給側がどちらも増加し、薬剤師の転職事情は今まで以上に盛んになっている状態といえるでしょう。

人材の数がより多くなっている状態ですので、企業側はその中からより優れた人材を求める傾向にあります。 業務を行う上で必要とされる資格や能力と同じく、人間性を問われるケースも見られるようです。

また、人材を求める企業側と転職希望者の増加にあわせて様々なサービスも生まれています。 なかでも薬剤師の転職支援サイトは、こういった双方の望みを叶える有効な手段として浸透してきましたね。

薬剤師の転職支援サイトでは、転職希望者側により多くの求人情報の入手を、また企業側にはより多くの求職者情報の入手をサポートしています。 お互いの選択肢はより豊かになった一方で、そのニーズを求めて多くの転職支援サイトが誕生しています。

薬剤師の転職支援サイトはサイトごとに特徴やサービス内容が異なってきますので、これから転職をお考えの薬剤師の皆さんはそういった多くのサービス〈薬剤師の転職支援サイト〉の中から自分にあったサイトを選び、賢い転職活動を進めていく必要があるといえるでしょう。

可能性が広がったとはいえ、薬剤師の転職先は転職希望者の数に対してピークを超えているのが現在の実情です。 多くの求人情報を入手し、「転職してよかった!」と思えるような転職を成功させましょう!

ブランクのある薬剤師が復職を成功させるには?

薬剤師の資格を持っている方で、また薬剤師として復職したいという方もいらっしゃいます。 只、薬剤師の仕事を離れてブランクの長い方の場合は、復職する際にも果たして通用するのか不安にもなりますし、実際に現在の薬学知識等を再学習しなければ、薬剤師の業務をこなすのは難しいでしょう。

なので、まずは薬剤師の復職支援プログラムを利用して、薬剤師に必要な最新知識を習得することから始めてみましょう。 習得して薬剤師としてやっていける自信がついたら、いよいよ復職に向けて活動開始です。

薬学部や薬科大が4年制から6年制になったことに伴い、2012年には初の6年制の新卒薬剤師が世に送り出されました。

新卒採用した企業や薬局が、6年制の薬剤師のレベルを高評価するならば、これからの採用にも違いがでてくるでしょう。 中途採用ではなく、新卒採用の傾向が強くなるかもしれません。

又、そういった情報が飛び交えば、初の6年制の新卒薬剤師採用を躊躇していた薬局や企業も新卒採用に積極的になる可能性もでてきます。 そうなると、中途採用のレベルが必然と高くなるのは必定でしょう。

そして、6年制の新卒薬剤師がキャリアアップを目指して転職の動きをみせるのは、2015年~2016年にかけてと考えれますので、復職しやすい好機は今だと言えるかもしれません。

復職を成功させるポイントは、まずは情報収集です。 ブランクがあっても採用に積極的な雇用先もあれば、消極的な雇用先もあります。

こういった情報は事前に入手しておくと就活に便利なのですが、個人での情報収集には限界があるのが実状です。 多くの情報を入手するには、薬剤師専門の転職サイトなどを利用するのが効率的です。

転職サイトのような専門機関に相談すると現在の転職事情もよく分かります。 只、一ついえるのは、長期間のブランクがあって勤務するには、総合病院の門前薬局は、多くの患者さんの処方箋を扱わなければいけないので、ハードルが高すぎるかもしれないということです。

できれば、診療科目の少ないクリニックの隣にある調剤薬局などの方が、処方箋の内容も限られてきますから、スキルや体力面でも復職しやすい環境といえるでしょう。

このページの先頭へ