イメージ画像

治験コーディネーターに求められるもの

治験コーディネーターには何が求められているのでしょうか。もし薬剤師、看護師、もしくは臨床技師の方が治験コーディネーターに転職を考えた場合、不安はないのでしょうか。

彼らの多くは病院勤務がほとんどです。事務やスケジュール管理などの一般企業での秘書的な経験がないために、少し不利な立場ではないか、など心配するようです。また、せっかく治験コーディネーターの資格を取得しても、現場での経験がない場合、やはり不安は付きまといますね。

ですが治験コーディネーターに求められている能力は、人と人の間に立ち調整を行う役どころですから、相手の話をよく聞いて理解し、整理して他の相手に伝えるというコミュニケーション能力を求められます。これは業務を治験の進行具合に影響しやすい能力です。

また関係者との連携も円滑にするためには、そのパイプ役になる治験コーディネーターのコミュニケーション能力の高さがカギになってきます。つまり、治験コーディネーターは指示や采配を待って動くという役割ではありません。自ら考え、自発的に行動できる積極性も必要なのです。

その他にも医学などの専門知識を有することはもちろん、資料を作成する事務能力や、判断能力も求められます。例えばその資料も、治験で得たデータや、報告書です。専門知識を有している治験コーディネーターならば、それほど苦になることはないでしょう。

しかしこれは業務をこなしていけば身につけられることでありますから、そこまで心配しなくても良いのではないでしょうか。むしろその病院勤務で得た知識や経験は、より深く専門知識を理解することができますので歓迎されること間違いなしです。

また企業ではよくある名刺交換や電話対応などは、ビジネスマナーとして研修があるようです。このように経験が乏しくとも、薬剤師や看護師、臨床技師として得た知識や技術は治験コーディネーターとして役に立つものばかりです。ですから堂々とその経験などを武器として転職につなげてください。

CRAの業務内容について

字面が似ているとしてCRCとCRAを混同する方がいます。CRCは治療コーディネーターであり、治験をコーディネイトする仕事です。治験を行う病院などの医療機関の施設で働いています。

一方CRAとは臨床開発モニターと言われ、製薬会社や医療機器側の立場に立って働き、治験実施の企画から治験終了までの計画を立てるのが役割となっています。治験を行う上で、CRCやCRA、どちらもそれぞれの大事な役割を担っています。

CRAの具体的な仕事内容は、治験を行う医師や医療機関に、基準を順守して行えるかどうかを判断します。そのためには、医療機関の業務手順から、運営がどの程度かなどの判断をしなければなりません。

また、万が一に備えて補償と賠償及び、治験のデータの適切な検証ができるかどうかも判断の材料になります。それらが問題ないと判断された場合、治験を行う医師に対して、治験の経験や技術の有無も調査します。 これらの基準を満たしていると判断されれば、ようやく治験をその医療機関に依頼するのです。

治験の契約する場合は、治験審査委員会のメンバーを過去の活動記録から判断し、確認します。治験にかかる費用や、万が一の補償や賠償など金銭面に関して詰めます。その際、製薬会社や医療機関、どちらかが有利にならないよう考えなければなりません。

実施計画には、治験を行う医師の責任分野を確認、判断することでようやく契約を締結でき、治験審査委員会にて承認をもらうことができます。さて治験の契約を締結後、治験を開始します。

CRAとは、CRCと同じように治験の終始多くのスタッフとのコミュニケーションを必要とします。またそれにより、医療関連の専門的知識を知り身につけることができ、スキルアップも望めます。

自身の行為には、新薬を待つ患者さんたちにとっては希望です。自分が立てた計画により、待ち望まれた新薬を世にだすことができる職業は、大きなやりがいを感じることでしょう。CRAは、自身の経験や成長を促すにはとても良い職業と言えます。

このページの先頭へ