イメージ画像

看護師パートの悩み-喫煙

人命に関わる仕事にも直面する看護師は、常にストレスを抱えていることも少なくありません。それは、ベテラン看護師であっても同様です。日勤も忙しいですが、夜勤になった場合のストレスはかなりのものでしょう。スタッフ数も少なくなりますし、患者さんの容体急変に注意しなければなりません。
薬剤師パート求人をこれを見て!

そんな勤務時間の中で、唯一のストレス発散を休憩時間の喫煙に求めている看護師の方も結構いらっしゃいます。タバコは吸ったからといって、ストレス解消に直接結びつくことはありません。ましてや、ニコチンが緊張によって上昇した心拍数を下げる効果があるわけでもありません。しかし、喫煙をストレス解消法の一つにしている看護師は多いようです。

新人看護師の頃には、喫煙していなかった方も、同僚に喫煙者が多いことで影響を受けてタバコを吸い始めたというケースも少なくありません。喫煙しない方は、ジャンクフードに走る方もいらっしゃるとか‥。極端に言えば、この2方向のいずれかに偏っているようです。それだけ、ストレスが溜まる職業であることが伺えます。

看護師は仕事上、喫煙のリスクも重々承知ですし、ストレス解消法として適切な行為でないということはわかっています。それでも、喫煙してしまう背景には、やはり夜勤が大きく影響しているようです。

夜勤は日勤に比べて、こなす患者さんの数は多くありません。けれども、重大事態が発生した場合には、極度のストレスがかかりますし、肉体的にも半端ない忙しさになります。上手く夜勤を乗り切っても、夜勤明けに、ただひたすら眠れるという環境にない方もいらっしゃいます。

特に、家庭を持っている看護師は普段の日常生活が夜勤明けに待っています。この生活リズムの不安定さから、心身の疲れをごまかすために喫煙している方も少なくありません。

しかし、喫煙は決して体に良いものではないので、特にヘビースモーカーの方は意識を変えていく必要があるでしょう。女性の場合、美容にも影響します。ご自身の将来のためにも、タバコとは出来るだけ縁を切るようにしましょう。
鹿児島県病院薬剤師会

そのためには、職場環境を変えるのも一つの手段です。喫煙せずにはいられないほど、多忙な職場であるならば、院内で異動届を出すのもいいですし、思い切って転職する方法もあります。まずは、ご自分の体を大切にすることを考えるべきでしょう。

看護師パートの悩み-不妊

働きながら家庭をしっかりと守っている女性看護師も少なくありません。夫が協力的なところは負担も軽減されるでしょうが、夫の仕事も忙しく、自分の仕事も忙しい‥となると、仕事と家庭の両立は容易なことではないでしょう。それが心身的に大きな負担となり、知らず知らずに体に悪影響を及ぼしていることもあります。

女性は子供を産める体を持っています。妊娠~出産は、女性にしかできないことであり、それは非常に大きな喜びを得ることになります。結婚した看護師の多くが、母親になることを望んでいるでしょう。

しかし、その反面、不妊に悩んでいる看護師も少なくないようです。看護師の仕事は多忙です。日勤だけではなく、夜勤を伴うこともあります。女性の体はとても敏感ですから、ストレス過多や不規則な生活によるホルモンバランスの乱れから、不妊を引き起こすこともあります。不妊は日々の生活や仕事だけが原因ではありませんが、深刻な不妊状態に陥った場合、不妊治療に通う必要がでてきます。

不妊治療は気長に行なう必要性もあり、通院する時間も必要ですし、お金もかかります。これから先の家庭の経済状況を考えると、不妊治療に専念するために、看護師を辞めるということは簡単にできない‥という悩みもでてきます。ですから、なかなか現状を打開できない看護師も多いようです。

ただ、考え方を少し変えれば、悩みを減らすことは可能です。例えば、現在勤務している病院に勤め続けると思っている方は、その辺りを柔軟にしてみましょう。看護師は転職しやすい職業の部類に入りますので、再就職先も他の職業よりも見つけやすいメリットがあります。

出産には、ある程度のリミットがあります。それを考えた場合、いま不妊治療を優先すべきときなのか否か見えてくるでしょう。現在の仕事のストレスが原因になっているかもしれませんし、それ以外に原因があるのかは個人によって違いますが、夜勤や仕事が多忙な場合は、不妊治療に費やす時間が確保できていない可能性が高いです。

子作りを優先して、一旦、パート職員として勤められないか病院側に相談してみたり、思い切って職場を変えるなりしてみるといいでしょう。転職する場合には、妊娠、出産後のフォローが充実している職場かどうかを確認することも大切です。その際には、看護師専門の転職サイトなどを活用するといいでしょう。

薬剤師と職場の人間関係について

薬剤師は転職が多い仕事ともいわれていますが、転職理由の代表ともいえるのが人間関係に関することです。 いくら福利厚生や収入が魅力的な職場だったとしても、人間関係に大きな問題があると長続きさせることは難しくなってしまいますよね。

同僚同士がとても仲よしだったとしても上司と部下の関係が悪かったり、派閥争いがひどいような職場では楽しみながら働いていくことはできないでしょう。

その問題を解決するための方法として転職を検討する方が多いのです。 ただ、実は職場の人間関係が原因で転職をした場合、次の職場でも人間関係の問題に悩まされてしまう方が多いといえます。

これは、実は本人に問題があったという話ではなく、職場選びに失敗してしまう方が多いということです。 人間関係が悪化してしまうと一日でも早く転職したいと考えてしまいますよね。

そのような状況になり、焦って転職をした経験を持っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、慌てて次の転職先を決めてしまうと人間関係に関する十分な情報を集めないままで転職する形になってしまいます。

そのような転職をしてしまうと、前の職場の方が人間関係がよかった…という状態になってしまうこともあるわけです。

確かに転職をすることで人間関係の問題が解決するケースもありますが、職場選びをする際には転職支援サイトの力などを借りて人間関係のリサーチも済ませた上で職場探しをしたいですね。

転職をせずに人間関係を改善するためにはいくつかの方法があります。 例えば、様々な部署がある職場であれば部署の移動を申し出てみるのも良いでしょう。

これができればそれまでと違う人間関係になるため、気の合わない人と離れることができます。

移動ができない場合、苦手な人との接触を最低限に抑えましょう。 これらの対策が取れないのであれば転職という選択肢が残されています。

薬剤師が抱えやすい不満

薬剤師は様々な立場の人と接していく仕事であるため、仕事の中で不満を抱えてしまうことも多い職業です。 その中でも特に多い不満として挙げられるのが、仕事の忙しさに比べて収入が低いということ。

職場によっては働き以上の収入が得られるところもありますが、とても忙しいのに安い給料だったりするとやる気がなくなってしまいますよね。

特に給与の不満を感じやすいのが調剤薬局です。 調剤薬局では薬剤師1人あたりが扱える処方せんの枚数が決められているだけでなく、給料は国が定めている診療報酬によって変化します。 そのため、どうしても給料アップが難しくなってしまうのです。

反対に給料が上がりやすい業種として知られているのがドラッグストアや製薬会社です。 こういった職場では会社の業績アップや個人の努力によって給料がアップしていくことも多いので、やりがいを感じながら働くことができるのではないでしょうか。

それから、人間関係に不満を抱えている薬剤師も多いです。 正社員同士で不満を抱えている方も多いのですが、特に多いのが雇用形態の違う人との衝突になります。

例えば、正社員とアルバイトでの衝突ですね。 特にアルバイトやパートの方から不満の声が上がりやすいのですが、これには正社員に対してまともに話をする時間が取れないということが関係しています。

質問や疑問、意見などがあったとしても話し合いの時間が取れずに不満を抱え込んでしまう方も居いるようです。

また、正社員がアルバイトやパートに対して不満を抱えているケースもあります。 あまり知識のないアルバイトやパートの薬剤師と一緒に仕事をすると、スキル不足をフォローしなければならず、それが不満に繋がってしまうのです。

だからといって不満を感じたらすぐに転職というわけにもいきませんよね。 まずは自分自身の努力や工夫でその不満が解消できないのか考えてみましょう。

相手に問題があって不満を抱え込んでしまうような職場では転職以外に道が残されていないケースもあります。 このような状況では無理に今の職場にとどまるよりも転職して新しい環境で働き始めた方が自分のためにもなるかもしれません。

このページの先頭へ